ピンポイントマーケティングジャパン

海外情報や海外営業情報の発信

提案を持たない日本企業と会うのは時間の無駄だ

 

ますます多くの海外企業がそう思うようになってきています。

 

彼らは時間を使って会うのであれば中身のある話がしたいのです。

 

ところが、日本企業の方は形式的な挨拶と雑談をした後、簡単な会社・製品説明をしてお土産を渡して終わりです。

 

「で、どうしてほしいのだ?」と,海外企業は思います。

 

もし「本製品を輸入してこの国で売って欲しい」というのであれば、それなりの提案があるべきです。販路の調整、価格、ブランド、アフターサービス、販促支援、クレーム対応などなど、日本の会社の考えと提案があるべきです。高付加価値な製品であればあるほどです。

 

「そちらさまからの提案をお待ちしております」というのは無理があります。提案はあらかじめ日本側の経営者、海外責任者、営業担当者がちゃんと相談して作っておく必要があるのです。

 

でないと、もし先方から提案や意見がでてきても「本社に帰って相談します」としか担当者はいえません。海外ではそんな商談は通用しないのです。

 

「まずは相手の様子見から始めたい」という日本企業に海外はウンザリしているのです。

 

   グローバル・セールス・デザイン講座のお問い合わせ ⇒ gsd@ppmj.com