ピンポイントマーケティングジャパン

海外情報や海外営業情報の発信

中国で考えた

シアトルで地震があった時のこと、日本の報道は市内のごく一部の倒壊したところを映像化して、まるで全市が壊滅的な被害を受けたように報じました。「大したことないのに」と住んでいる自分達が驚きました。

中国の発展というと上海の高層ビル群がよく映されます。私自身も大都市の中心部しか知りませんでした。他はどの程度なんだろう?と思ってました。今回は武漢、福州の郊外も見て、発展が面として広がっているのを実感しました。空室多いとしても凄いです。

報道は周りの場所や時間の前後をカットすることでいかなる印象も与えることが出来ます。(読者層の固定観念にアピールする不安や怒りをさらに焚きつけるもの多いですが)

本を読む勉強、現場を見る勉強、人の話を聞く勉強、それぞれ大事なんでしょうね。少なくとも外観的には中国の地方の発展具合は多くの日本人の予想以上だと思いました。

 

f:id:PPMJ:20191113003526j:image