PPMJ’s diary

日本製品・技術・サービスを世界に広めるピンポイント・マーケティング・ジャパンの日記です

日本の自動運転研究の課題

世界的規模で自動運転研究が急速に進展しています。日本の自動車メーカーも必死ですが、規制という意味で非常に難しい壁があります。

米国では州や市によって、自動運転の規制緩和が進んでいます。特に有名なのが、ボストン市、ピッツバーグ市、カリフォルニア州アリゾナ州などです。たとえばアリゾナ州は年間を通して温暖で雪が降りません。車載レーダーが混乱しないので実験にピッタリなんです。さらに米国は政府から州や都市に自動運転車に余計な規制をかけないように指示もしています。

日本の中央集権的な規制では、雪や地震も含めて全てに対応できるという確信がなければ規制緩和しないでしょう。田舎では車がないと生活ができません。高齢化が進む雪の降らない地域などは、まっさきに実験してもよいと思うのですが。