PPMJ’s diary

日本製品・技術・サービスを世界に広めるピンポイント・マーケティング・ジャパンの日記です

日本とアメリカ、CMのちがい:PPMJインターンKの気づき

アメリカのCMをご覧になったことはありますか?テレビを見ていてふと気づいたのですが、アメリカではCMで有名人を見かけることがあまりありません。

日本では一般的に、有名人が製品やサービスを宣伝していますよね。実際に、好きな有名人がテレビで宣伝をしていると、つい買ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかしアメリカでは製品やサービスによりフォーカスした内容になっています。これはなぜなのでしょうか。

理由としては、出演料が高いこと、起用した有名人がスキャンダルを起こしたり、人気が落ちたりすれば、その製品やサービスのイメージダウンにつながってしまうことなどが挙げられます。

日本では視聴者に強いインパクトの残すために有名人を起用する傾向にありますが、アメリカでは必ずしもそうする必要はないのかもしれません。その分、製品やサービスの説明に力をいれたCMやストーリー性の強いCMが多いように思います。

もちろん、影響力の大きさから、アメリカでも有名人を起用したCMがないわけではありませんが、日本ほど多くないのは、このような理由からであると考えられます。