社長のための海外展開 

動画セミナー https://www.youtube.com/channel/UCG2Sk0sNd93gziuimhR1ryw

報道の問題

話題のボルトン前米安全保障問題補佐官の本をアマゾンで立ち読み。

2017年の北朝鮮の核実験の後、安倍首相がニューヨークタイムスに寄稿して

「北朝鮮との対話は行き詰まる。(軍事作戦を含む)すべての選択肢がテーブル上にあるという米国の立場を全面的に支持する」と発表した。

なんて書いてあって「知らなかったよ」と笑ってしまいました。

報道機関が何をニュースとして取り上げて、何をとりあげないか、の選択基準に違和感ありです。(今さっと検索したところ外務省のホームページには載ってます)

John R. Bolton
The Room Where It Happened: A White House Memoir

f:id:PPMJ:20200704212155j:image

オンリーワンになれという呪縛

企業の審査などをしていると必ず「オンリーワンか?」といった評価項目があるが、そこまでこだわることかと思う。

 

東京で流行っているサービスだが埼玉にはまだないので持ってきたい、といった事業プランの方がよほど成功の確率は高い。ただ平凡なビジネスをきちっとやる難しさと言うものはある。

 

オンリーワンが成功する確率は低いと覚えておいてよい。 

 

#経営 #ベンチャー #副業

経営者の役割

言語化された具体的な意思(希望)を持たない人は助けようがない。

 

それは企業も一緒。経営トップの最大の責務であり要件に思える。

 

「グローバル企業になりたい」といっても、そのなり方、バターンはいくつもある、

 

松下幸之助の「無理でも最初は願わなければならない」の言葉は正しく思える。

目標設定の考え方

プロ野球選手の3割、30本、30盗塁という目標の中で適切でないものがある。それは打率。なぜなら打率は下がる可能性があるのでチャレンジするのが怖くなるから。目標は数字が増えていくものを選ぶべき。と、いうことをゴルフ 漫画「おーいトンボ」に教えていただきました。感謝です。

コロナの特別な融資を受けるべきか?

金利がつかないのだったら借りれるだけ借りておけ。必要ないなら使わなければ良いのだから。」と言うのは合理的な意見。しかし実際は経営者の判断を狂わせるアドバイス。手元にキャッシュがあると本来しなければならない改革を先送りにして後に借金だけ残る可能性が高い。#コロナ #補助金 #金融支援 #融資

コロナ後の会社

コロナ後の会社はどうなるのか?について動画講義しました。会社がいったん分解して、最適な個人が再結合する。その過程において政府及び新会社がすべき事を述べています。

 

https://youtu.be/o0Td4NS3iXg

 

#コロナ #アフターコロナ #会社倒産
#再建 #コロナ支援

ムダに頑張らない

頑張ることも大事。ムダに頑張らないことも大事。無駄な頑張りは自分のみならず周りの人も疲弊させる。力を抜いて、しかし周りに対するアンテナは立てておく、そんな心持ちでいきたい。